育毛剤はどれも一緒?リゾゲインと市販品の違いを徹底調査!

育毛剤はどれも一緒?リゾゲインと市販品の違いを徹底調査! |

育毛剤はどれも一緒?リゾゲインと市販品の違いを徹底調査!

リゾゲインは他の育毛薬とは一線を画します。

 

 

 

育毛剤を使用している人の86パーセントが育毛剤の効果を実感できていません。そこで、開発されたのが、リゾゲインです。この薬は、頭皮の老化を防いでくれます。作用機序は、さほど難しくありません。頭皮の下には、無数の毛細血管が張り巡らされています。この血管を拡張したりするのが、交感神経という神経の役目です。この交感神経は、腎臓の上の副腎と呼ばれる、臓器からホルモンが発生することにより活発化されます。このホルモンはアドレナリンやステロイドと呼ばれたりします。

 

 

交感神経には、受容体というものがついており、その受容体にアドレナリンやステロイドが結合することにより、交感神経は活性化されます。交感神経が活性化されると、血管が拡張し、毛細血管などにも血液が行きやすくなり、毛根にある、血管の血流も良くなり、育毛が促進されるというわけです。このリゾゲインは、こうした交感神経を刺激する物質を多数含んでいます。そして、そのどれもが、生薬と呼ばれ、化学的に合成されたものではないので、副作用もでづらく非常に安心して使用できることができます。

 

 

 

また、こうした生薬は、頭皮に有毒な細菌が侵入した際に、細菌を退治してくれます。普通、若い人なら生薬なしでも、リンパ球や、肥満細胞が、有毒な細菌を貪食してくれるのですが、老化が進むと、頭皮の機能も正常に機能しません。そこで、必要になってくるのが、リゾゲインの生薬の効果なのです。肥満細胞やリンパ球が有毒な細菌を貪食すると、炎症反応というものが起こります。これは、細胞自体が破壊されるためです。リゾゲインはこうした、炎症を抑えてくれる働きも持っています。

 

 

炎症を促進するホルモンはヒスタミンです。リゾゲインはこのヒスタミンの発生を抑制してくれるのです。この点が他の市販の医薬品との違いです。炎症自体は傷を治そうとする人体の自然反応ですので、無理に止める必要はありません。しかし、行き過ぎると、頭皮の環境に悪影響を及ぼします。ですので、行き過ぎた炎症を抑えるのに、リゾゲインに配合された生薬は効果的に機能するのです。